×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ戻る ペイントを使って画像のトリミング(切り抜き)
ペイントを使って画像のトリミング(切り抜き)
ここでは、ペイントを使って画像のトリミング(切り抜き)方法を説明します。

画像のトリミング(切り抜き)手順

  1. トリミング(切り抜き)したい画像を開く
  2. 画像の残したい部分をトリミング(切り抜き)
  3. トリミング(切り抜き)した部分を貼り付けて保存

1.トリミング(切り抜き)したい画像を開く

ペイントを立ち上げます。
スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「ペイント


続いて、トリミング(切り抜き)したい画像を開きます。


2.画像の残したい部分をトリミング(切り抜き)

左のツール項目から「選択」を使います。

画像の残した部分を選択します。


次に、「編集」→「切り取り(T) Ctrl+T」を選択して先ほど選択した部分を切り取ります。


切り抜かれた状態です。


3.トリミング(切り抜き)した部分を貼り付けて保存

ファイル」→「新規(N) Ctrl+N」を選択して新しいキャンバスにします。


元画像の変更に伴う警告が出ますが、変更を残す必要が無いので「いいえ(N)」を選択します。


新しいキャンバスになりました。


キャンバスのサイズをトリミング(切り抜き)したサイズより小さくします。
※キャンバスがサイズをトリミング(切り抜き)したサイズより大きい場合、キャンバスの白い部分も画像として残ってしまいますので注意。


次に、「編集」→「貼り付け(P) Ctrl+V」を選択して貼り付けます。


先にトリミング(切り抜き)した画像だけが貼り付きました。


それでは、この画像データを保存しましょう。
ファイル」→「名前をつけて保存(A)」を選択します。


そして、任意にファイル名を付けファイル形式を選んで保存。

保存した画像を確認してみました。


関連データベース
メディアプレイヤーで動画再生中の画面を撮りたい
トップページへ戻るデータベースメニューへ戻る▲ページのトップへ戻るお問合せ