×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ戻る CDデータをMP3に変換1
フリーウェア Ripper 2.0 インストール


CDデータを簡単にMP3やWAVに変換したい。
と思い、色々と調べて探した結果。
フリーウェアの「AML Free CD to WAV MP3 WMA AMR AC3 AAC Ripper 2.0」を見つけました。
使ってみて、なかなか良かったので「インストール」から「使い方」までを紹介しようと思います。
AML Free CD to WAV MP3 WMA AMR AC3 AAC Ripper 2.0(フリーウェア)
AML Free CD to WAV MP3 WMA AMR AC3 AAC Ripper は音楽CDをWAV/MP3/OGG/AMR/AC3/WMA/AAC 形式のオーディオファイルに変換するCDリッパーです。
対応OS:Win-ALL
機能
 ・CD を WAV/MP3/OGG/AMR/AC3/WMA/AAC ファイルにリッピング
 ・ビットレート(品質)・サンプルレートなどの出力オプション
 ・CDDBサポート

ダウンロード

まずはダウンロードできるサイトに行ってみましょう。

AML Software(海外のページなので注意!)

このページを下にスクロールするとフリーウェア「AML Free CD to WAV MP3 WMA AMR AC3 AAC Ripper 2.0」の項目があります。


と、ここまで紹介してきて少々問題が…
どうやら公式ページのファイルは調子の悪い場合があるみたいなので
こちらからのダウンロードを推奨します。


Cow&Scorpion | 最新 フリーソフトダウンロード

AML Free CD to WAV MP3 WMA AMR AC3 AAC Ripper 2.0ダウンロードページ


どちらのページも「Download」をクリックします。
そうすると以下のような警告が出ますので、「保存」を選びクリックします。

ダウンロードしたファイルの保存先は任意です。
(デスクトップでも自分で作ったフォルダでもOKです)

保存先を決めて「保存」クリックするとダウンロードが始まり
ダウンロードが完了すると以下の画面が出ますので「閉じる」をクリックします。


インストール

保存先に指定した場所に以下の画像のようなかたちで「ripper.exe」があるのでダブルクリックでインストールを実行します。


ここでも警告が出ますが、先に進むために「実行」をクリックします。

さあ、インストール開始です。「Next>」をクリックして先に進めます。

ここではダウンロード先を指定します。
変更しない場合はCドライブ以下の「Program Files」フォルダにインストールされます。
確認後、「Next>」をクリックして先に進めます。

ここではスタートメニューのフォルダ名を指定します。
変更無しの場合は下の画像のような長い名称が付くことになりますので
それが嫌な方は分りやすい短い名称に変更すると良いでしょう。
確認後、「Next>」をクリックして先に進めます。

ここでは「Ripper 2.0」のショートカットアイコンをデスクトップに作るかどうかを指定します。
「Create a desktop icon」のチェックを入れると「作る」、外すと「作らない」になります。
確認後、「Next>」をクリックして先に進めます。

ようやくインストール本番開始です。
ここまでで間違いが無ければ「Install」をクリックしてインストール開始です。

インストールが終了すると以下のような画面がでますので
Finish」をクリックしてインストール完了です。


ここまでの作業に問題が無ければ「Ripper 2.0」は使える状態になりました。
次は実際に「Ripper 2.0」を使ってCDデータをMP3に変換する方法を紹介します。


CDデータをMP3に変換2(CDデータのMP3変換)に進む>
トップページへ戻るデータベースメニューへ戻る▲ページのトップへ戻るお問合せ